結婚は、人生最大の儀式です。そしてこの儀式には、一定のしきたりがあり作法がありマナーがあります。

 

結婚は当事者である二人だけの問題であるがら、式を挙げようが挙げまいが自分達の勝手だと考える方々もおりますが、結婚をして新しく生活を始めるということは、決して二人だけの問題ではないのです。何らかの形でこの社会と関連を持ち、両親や親戚はもちろんのこと、多くの友人や先輩の協力なしに、健全な生活を営むことはむずかしいものなのです。

 

結婚は、それぞれの人間にとって、人生に一つの区切りをつけ、人生における第二の誕生とさえいえます。二人が夫婦として新しく出発するにあたって、多くの人達に自分達の結婚を報告し、祝福を受け、新しい生活を感激とともに踏み出すのが結婚式なのです。

 

縁談から始まり、見合い、結納、結婚式、そして披露宴と、結婚に関するしきたりや作法のすべてを、わかりやすく解説したものです。

 

 

 

 

更新履歴